限定ビール『CHILI PORTER』

PITMANSでは、常時お飲みいただけるアウグスビール各種の他に、店内に併設している清洲橋醸造場で作ったビールも限定でご用意しております!

いわゆるマイクロブリュワリーと呼ばれる小規模な醸造施設のため、一度に醸造できるビールの量はどうしても限られてしまいます、、

が!

だからこそのプレミア感と醸造家さんの魂や遊び心も含めて、楽しく味わっていただけるかと思います!!(`・ω・´)

2019年2月現在、提供しておりますシーズン限定ビールは2種類。
『CHILI PORTER/チリポーター』
BRUT IPA/ブリュットIPA


まず1つめのCHILI PORTERをご紹介

CHILI PORTER.1.jpegのサムネイル画像

ポーターというのはざっくり言うとロンドン産まれの黒ビールですね。

そのポーターに何を思ったかハラペーニョ入れちゃいました。
ロンドンとメキシコの異文化交流がおこなわれております。

伝わるかどうかちょっと不安ですが、ブログの中の人の味の感想。

まず香りですが、わずかに香ばしいポーターの香りも感じられるのですが、どうしようもなくハラペーニョを推してくるので、印象はそれはまぁ強烈です(笑)

でも味はさすがポーター、心地良い苦味もあり焙煎による香ばしさも強い。
しかしここでもじわじわ攻めてくるハラペーニョ・・・!

からの喉越しでハラペーニョ完全に帰ってきたーーー!!
喉がとってもHOTだわ!!

以上。笑

辛味も独特なので、苦手な人は苦手かもしれません。

逆にドハマりしちゃった人はたぶん抜け出せない。
なんで期間限定なんだ・・・と膝をつく事でしょう(笑)

お肉にもかなり合うと思います!


ちなみに中の人はPOP作成のため幾度にわたり試飲をした結果、元々ハラペーニョ好きという事もあってか見事にハマってしまいました。

CHILI PORTER.2.jpeg


余談ですが、黒ビールというとギネスビールがまず思い浮かぶ方が多いかと思いますが、そのギネスで有名なスタウトと呼ばれるビアスタイルは実はこのポーターからの派生。
でも、ポーターのほうが先に世に出たのにスタウトに比べて知名度が低いのはなぜ?

そのなぜかを、スター誕生物語風(?)に説明しますと、


ポーターはデビューしてから瞬く間にロンドンのスーパーヒーローになった超有名人!
町中で皆がポーターの名を叫ぶ様子も日常でした。

しかし、流行というのは時に残酷で。
そのポーターに憧れ、同じ道の更にその先を目指したアイルランド出身の超大物新人スタウトの台頭により、ポーターは瞬く間にヒーローの地位を失います。。。


スタウトがどんなにポーターをリスペクトしていても、世間は目の前の人気者に夢中。
ポーターは静かに大舞台から姿を消しました。

が、しかし、人気がなくなったところでポーターの実力や意地までもがなくなったわけではありません。
何年も何年も何年も、また輝けるその日を腐らずにずっと待ち続けました。

古参のファンにも支えられ、静かな闘志は長い年月と海を越え、その確かな実力を知った新たなファンも世界各国で獲得。
気づけば多種多様で個性豊かな仲間たちに囲まれていました。

彼らは再度立ち上がったポーターに言った。
"第二章の始まりだな、兄弟!"


チャンチャン。
(すいません、完全に半笑いで執筆しました)


そんなこんな(?)で、近年アメリカを中心にクラフトビール熱がどんどん高まっており、スタウトやシュバルツに負けず劣らずポーターもまた黒ビールの一種として再注目されております!
日本各地の地ビールでも、ポーターの名を見かける事が増えてきましたね^^

限定ビールはIPA系統が主力ではありますが、色々と挑戦して美味いビール飲んでもらいたいと思います!

では今日も、みんながおいしくビール飲めますように!

乾杯♡

アーカイブ

TOP