BBQ and CAMP お役たちLIST

よくある質問のなかでも、
ほぼ必ず聞かれるものだけイラスト付きでご紹介!

BBQ、キャンプ当日の持ち物は?

BBQ(デイキャンプ)の場合

BBQの幹事になって、BBQに誘われて、よく聞かれるのが「何もって行ったらいいの?」ですよね。
いろんなシチュエーションや、こども、女子、など条件はいろいろですが、これはぜひ!というものをまとめました。

  • ぼうし

  • 虫よけスプレー

  • 日焼け止めクリーム

  • タオル(ハンカチ)

  • 上着(パーカーや、シェル)

  • 水筒(マイボトル)

状況で雨具(レインコートや
折り畳み傘)

campの場合

キャンプともなれば、もっともっと持ち物は増えます。
とはいっても、手ぶらでCAMPであれば、1泊以上の場合も、まずはこちらをご用意ください。

  • BBQ(デイキャンプ)の6項目

  • 着替え

  • 歯磨きセット

BBQでの服装は?

とにかく、よく聞かれる質問です。
せっかくの楽しい時間だからおしゃれしたい!っとおもっても、「基本的に動きやすさ」をテーマに選んで。
夏の露出加減は、虫や日焼け対策とよーく検討してくださいね。あとは、BBQ以外にも何をやるのか、そこが重要かも!

  • パンツスタイル

  • 貴重品を体から離さないためのBAGやポシェット

  • スニーカーや、フラットなシューズ

  • 脱ぎ着しやすい上着やシャツ

  • 帽子やサングラス

BBQ、雨でもやる?やれる?持っていくもの服装は?

台風や、風速15mなどの荒天ではない限り、出来ます!
せっかく集まるのに、雨かぁ…と気落ちしそうになりますよね。そんなときは、気分の上がるレイングッズやレインウエアで!
最近のおしゃれなレインウエアを侮るなかれ。お気に入りがみつかりますように。

  • 足元対策を考えたシューズ

  • レインコート、レインシェルなど(レインハットも便利!)

  • ケータイや電子製品の防水対策
    (ジップ付き袋も上手につかって)

  • 予備タオル

お肉をおいしく焼く方法は?

グリルを前に、「さぁ、焼こう!」となるとこれでいいのか? もっといい方法があるのでは?とご質問をいただきます。
さて、一例をここでご紹介。

  • グリルの温度が250度になるまで待ちましょう。
    250度になったら脱臭機のスイッチを「運転」にします。

  • 肉を網目に対して斜めに置き、3分焼きます。
    90度回転させて、美味しい焼き目をつけて3分焼きます。

  • 肉をひっくり返し、また3分ずつ焼きましょう。
    焼き具合が心配でしたらスタッフにお声がけください。肉の温度計で焼き具合を確認します。

  • 合計12分焼いたら、グリルから下ろして休ませます。この休ませる時間が大切。肉汁が肉に染み込むのを待ちます。4分程度休ませたらお好みのサイズにカットして、さあいただきましょう!

お肉をおいしく焼く方法は?

「おすすめはダッチ麺」っていわれたけど、「ダッチ麺ってなに?」「どうやって作るの?」「難しそう…。」と、思ったあなた。
ここで予習(復習?)をぜひ!

  • ダッチオーブンを強火にかけひき肉を炒めます、
    (塩・胡椒は濃いめで)

  • ひき肉が白くなったら野菜を入れその上に麺を乗せます。フタをして、火を中火にして4分蒸します。

  • 4分たったらフタを外し、火を強火にしてソースを加えます。(フタも熱いので火傷に注意!)

  • 全体の水分を飛ばすように一気に混ぜます。(混ぜるときはミトンをした手でダッチオーブンを押さえて!)全体が混ざったら火を止めて完成です!

動画でチェック! プロが教えるいろいろ HOW TO!

  • テントの立て方

  • タープの立て方(風対策)

  • 焚き火

  • 塊肉の焼き方

  • ダッチ麺の作り方

TOP