BLOG

若洲☆レンタル器材自慢④~ダッチオーブン編~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※該当レンタルサービス
レンタルメニューの☟
●手ぶらでBBQセット
 ダッチオーブンプラン
●ダッチオーブン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

若洲アウトドアセンターの器材自慢、第4弾!ダッチオーブンです。
今回はちょっと趣旨を変えて、レンタル品に加えて販売品の紹介!


レンタルで使用しているのは永遠のド定番にして名作、ダッチ愛用者ならだれでも知ってる(?)LODGEのダッチオーブン。

IMG_0382.JPG
その中でも炭火BBQシーンでの使用に最適な「キャンプオーヴン10インチ Deep」。
現代の「楽しむ」アウトドアではなく、本当に「生活の一部として」馬車で移動し屋外調理をした時代の名残を残した・・・というよりその時代からほとんど変わらない歴史あるモデルです。

32279976516_0c65373dd6_k.jpg IMG_2533.JPG
このタイプは足付きで「キャンプダッチオーブン」とも呼ばれる形です。
この足の隙間は、元々は荒野を馬と共に生きたアメリカの人々の燃料=馬糞の上に置くための物でした。
カウボーイたちが生活の一部として愛用した時代から、「スローライフの象徴」「魔法の鍋」と言われるようなった現代まで、使い方も姿かたちもほとんど変わっていません。

キャストアイアン(鋳鉄)にこだわり続けて120年。歴史を持つメーカーならでは、ですね(^^


と、そこで新鋭製品。
こちらはレンタルではなく店頭販売品ですが、我らが日本メーカーが誇る最新ダッチオーブン


FullSizeRender.jpg
新富士バーナー(SOTO)ST-910
その外見通り、ステンレス製のダッチオーブンです。

アレコレ能書きを垂れる必要も無いでしょうけど、錆びにくい「ステンレス製」が多くを物語ります。

・シーズニング作業が不要、
・鋳鉄製に比べ軽量、
・保温性が高い、
・錆びにくい=キャンプ料理の翌日持ち越しも安心、
・保管に油を使わないので白米も安心、
・洗剤で普通に洗ってOK(鋳鉄製はNG)

※シーズニング:鋳鉄製ダッチオーブンは使用後洗剤を使わず過熱洗浄し、さび止めとして油を塗布する作業が必須です。

現代の製品だけあって当然の如く高性能です。
キャンプ場でも家でもヘビロテ出来てしまう汎用性と使い勝手。書いてて欲しくなってきました(^^;
ちなみにコレはIHクッキングヒーターにも対応。

煮る・焼く・蒸す・燻す・揚げる・・・何でも焦がさず美味しくできるダッチオーブンの性能はそのまま、面倒な部分を一通り解消した製品と言えます。
 
 
でもお高いんでしょ~~~?
 ・
 ・
 ・
 ・
まあ、高いです。
 
基本的に同サイズで価格は2倍くらいの開きがあります。
LODGEとSOTOの比較だけじゃなく、有名どころではステンレス製はベルモント社がリリースしてますが、やっぱりLODGEの倍くらいします。
最大にして唯一、明確な弱点でしょう。
あ、ウチは倍では売りませんけど(-_-;)

あとは個人の価値観ですが、

IMG_2530.JPG 32279920196_0692f5cd4a_k (1).jpg
メンテナンス面で圧倒的に優れるステンレス製ですが、ダッチオーブンを愛用するユーザーにはそこが逆にウケない場合も。
鋳鉄製ダッチオーブンは、使用とシーズニングを繰り返すことにより料理の味も鍋自体の外見も変化し「個性」が生まれます。
「育てる鍋」とも呼ばれる鋳鉄製ダッチオーブン。長年多くのキャンパーに愛されてきた所以は、性能云々ではなくむしろココに凝縮されていたようにみえます。

当然ステンレスタイプにはそれがありません。

IMG_2556.JPG
この「俺の鍋」感は堪らないのです。俺だけの鍋!!

これを面倒と見るか、味や遊びと見るか。
靴やバッグ、財布に見られる革製品と化学繊維の関係のようですね。
性能面から好みの問題まで、色々違う鋳鉄製とステンレス製。
レンタルと販売で推しモノが分かれているのには、一応理由があります。

♠レンタル

32279920196_0692f5cd4a_k (1).jpg
ステンレス製の強みを多く挙げましたが、レンタル利用となるとあまり関係無くなってきます。
全面赤錆だらけになろうが、真っ黒こげになって帰ってこようが、全部ギラギラの黒光りに戻すのはスタッフの役目です。
最大の長所=メンテナンスの容易さはレンタル利用者様視点では殆ど無意味。
炊飯は超優秀なライスクッカー、煮るなら大型鍋、燻すならスモーカー等、専門器材の用意も多数あります。
所有して使い倒すユーザーとは違い、レンタルでの利用はダッチオーブンだけでアレコレやる必要もありません。
ステンレスよりちょっと重い程度の重量も、リヤカーが使用できる若洲ではあまり関係無い。

こうなると単純にデザインの問題になってきます。
良い悪いではなく、形状です。

IMG_2386.JPG
食材付きプランで提供される場合は、燃える炭の上に直接置くことが考慮されているため、「足」の存在は重要です。
炭は調理中に形状が変わるのでフラットな底面では滑る可能性があります。
また、焚き火台を使って料理を行うプランも計画されていますが、薪だと足の有無は炭以上に顕著に差が出ます。
トライポッド(三脚)で吊るす方法がありますが、現時点では標準のレンタルで提供はしていない状態です。
レンタルで使用される想定の範囲だとLODGEキャンプオーヴンに分があります。

☘ステンレスダッチオーブンは店頭「販売」での一押し!

初めてダッチオーブンを買う初心者さんから、鋳鉄のヤツならいくつか持ってるぜ!というダッチ愛用さんまで、幅広くおススメしやすいのが最大の理由です。
フラット底面なのでガスコンロやIHヒーターにもマッチする上、メンテナンスは普通の鍋と同じ。
ご家庭でもガンガン使える分、鋳鉄製との価格差は使用頻度で簡単に縮められます。
使用方法がある程度限定的なキャンプ場レンタルと違い、誰がどんな使い方をしても本来の機能を果たすステンレスダッチオーブンは本当に自信を持っておすすめ出来ます。
面倒だからロクに使わなかった、なんてことも鋳鉄製では実際多いので(笑)

キャンプ場で見かけるダッチユーザーさん達は、結構な割合で「どっちも使ってる」んですけどね(^^;


販売商品の在庫状況問合せはメールでも承ります。
bbq-wakasu@herofield.com

近況:以下の商品は好評につき品切れとなりました。
・Weberポータブルシリーズ「Go Anywere」
・KEEN特価フットウェア各種 在庫僅少


@若洲アウトドアセンター

●若洲海釣り施設の売店、最新情報!
Twitter@若洲フィッシングストア

●こちらもキャンプ・レンタルはグランドハット仕様!
城南島アウトドアセンター
https://www.herofield.com/bbq/jonanjima/

●9月オープン新店、本格器材だけどオープン特価!釣りはまだ!?
新木場公園バーベキュー広場
https://www.herofield.com/bbq/shinkiba/

●開催まであと1カ月ちょい!秋冬アウトドアの定番イベント
焚き火クラブ2017
http://www.takibiclub.jp/


アーカイブ

TOP