BLOG

当店で取扱い中の薪について

若洲アウトドアセンター店頭での販売と、焚火台や一部のレンタルセットに付属する「薪」について!

IMG-0325.jpg

一昔前までは「炭火でBBQ!」なご利用が多かった若洲キャンプ場ですが、今や焚火台や薪ストーブを使用したキャンプが主役となっています。
日帰りでも、焚き火台とテントを使用した「デイキャンプ」のスタイルが多く占めています。意外かもしれませんが夏も含めて(^^;
その燃料となる薪は、もちろん当店でもたっぷり在庫して販売しています。

IMG-0350.JPG

キャンプで、そして主に焚き火台で使用されることを想定しており、長さ35~40㎝、直径は5~8㎝の広葉樹ミックスを採用しています。
樹種はカシ、ケヤキ、サクラが多く、アカシア、クリ、まれにクヌギ、白樺、ナラ、リンゴが混じります。

本来は焼却廃棄されるはずだった街路樹や公園樹木が使用されている為、時期によって樹種のシェアは異なりますが基本的に上位3種は変わりません。

IMG-0351.JPG

また、樹種は↑の広葉樹ミックスと同じで、点火用の「焚き付け(たきつけ)」の販売もあります。
こちらは薪の製造過程で生じた規格外を用いている為、直径・長さなどのサイズもミックス。
着火用途のほか、ウッドストーブや小型の焚き火台用に購入されるお客様も多くみられます。
木っ端のようなものから、細いけど長さは普通の薪と同じ、など大小さまざま。
そのため、お好みに応じて選べるよう、お会計時に袋のみお渡ししてお客様自身で袋詰めする方式です。
袋が破れるまで詰めても構いません(笑)

さらに、、、

薪の販売コーナーの隣には何やら見慣れない器材がありますが、、、

IMG-0321 (1).jpg

これはキンドリングコーナーです★
たきつけを作ったり、太すぎる薪を安全に割ることができる器材が設置されており、ご購入のお客様はもちろん、薪をお持込みされたご来場者様も自由にご利用いただけます。
刃物を使用せず、ハンマーで叩くだけでお子様でも薪を割ることが可能♪
(※画像内の鋸は写真の都合で設置していますが、
実際はスタッフにお申し付けいただいたうえで大人の方限定でお貸しします。)

標準サイズの薪はもちろん、お持ちのキャンプ道具に合わせてサイズの調節や、焚き付けのサイズを選んで購入する事も可能。
昨今の多様化したキャンプシーンに、全力で適応していきますので、リクエストなどあれば是非お気軽にご意見をお寄せくださいませ。

@若洲アウトドアセンター

アーカイブ

TOP